Yoga Practice

​人生も、本も、セルフプロデュースしましょ。

「作家は原稿だけ書いていればいい」という時代はとうの昔に終わってしまった。二十年くらい前から、僕はそう考えている。

「無名作家」である僕の印税率は、せいぜい五パーセント止まり。出版したタイトル数が二つだけだから、当然のことながらバイトをせずには食べていけない。芥川賞を受賞した人たちでさえ、そのうちの何人が小説を書いて生活できているんだろう?と不思議に思う。

 作品が映画やドラマにでもなれば、一時的にはお金に困らない生活を送れるらしい。だから文学賞の応募条件には、必ず映画化・ドラマ化されたときの条件が記されている。「◯◯の権利は出版社に属するものとする」と。

 僕は映画やドラマが好きだけど、それを前提に書いた原稿を出版社の編集者に渡したら「シナリオを書かなきゃダメだ」と言われ、突き返されてしまった。

 だから、大枚叩いて「シナリオの学校」に通ってみたのだが、そこは「シナリオライター」を目指す人たちばかり。「小説家」を目指す者なんか、僕しかいなかった。当然だろう。だって、「シナリオの学校」なんだから。

 そして再び、求人サイトでバイトを探す日々に戻った。文学賞に応募したところで受賞して賞金をもらえなければ、米も味噌も買えない。フリーターのほうがまだマシだ。コンビニで買ったホットスナックを頬張りながら、ふと、求人サイトのアフィリエイト広告に「自分の本をセルフプロデュースしませんか?」というキャッチフレーズを見つけた。なるほど、そういう手があったか。

​電子出版

紙でも電子でも
​「本」は有効な販促ツール
ご自分のブログで紹介したり
ECサイトで売ってみたり。
あなたの人生観や経験談を
​出版してみませんか。

​自費出版

あなたの想いや情熱を
​本というカタチに。
そこにあなたの
人生観や哲学がある限り
きっと誰かのココロに
届くはずです。

​広告制作

パンフレット、カレンダー
などの販促ツールから
​新聞・雑誌広告の制作まで。
あなたの事業の成功を
お手伝い致します。

あなたの人生や情熱をカタチに。

赤坂剛史『南極を走る。』
開田美代子第一歌集『水中花』
得能マサコ『あの女、まりこ。』
赤坂剛史『サハラを走る。』
ばっぷ『ニューカレドニアで逢いましょう』(復刻版)
瀬木匡史『パリの憂鬱』
德力聖也第一歌集『話の抽斗』
土田幸江版画集『刻をつむぐ』
健康『海でごはん。海のごはん。』
ばっぷ『南の島の物語』

パリの憂鬱

瀬木匡史 | 本格派長編ミステリー

ISBN 978-4-9906865-2-9

​発行日:2014年 6月 6日

定価:1,500円(税別)

 1995年のパリ。華やかなイメージに彩られたその街に暮らす日本人・村上拓也は、日々、商売上の駆け引きに神経をすり減らしていた。そんなとき、友人アンリから山口涼子という日本人女性を紹介され、1枚の絵を預かることになる。だが、その日を境に不穏な出来事が村上の周囲に起こり始める。シャンゼリゼ、凱旋門、エッフェル塔、セーヌ川。カフェのテラスで「ル・モンド」を広げるパリジャン、クレープを片手にモンテーニュ通り歩くパリジェンヌ。だが、装った言葉の中に生活は存在しない......。

 およそ9年間のパリでの生活経験のある著者が書き下ろした、1995年のパリを舞台に緻密かつ巧妙に交錯しながら展開される、渾身の長編ミステリー。

​サハラを走る。

赤坂剛史 | ドキュメンタリー

ISBN 978-4-9906865-4-3

​発行日:2014年 8月 29日

定価:1,400円(税別)

 1995年のパリ。華やかなイメージに彩られたその街に暮らす日本人・村上拓也は、日々、商売上の駆け引きに神経をすり減らしていた。そんなとき、友人アンリから山口涼子という日本人女性を紹介され、1枚の絵を預かることになる。だが、その日を境に不穏な出来事が村上の周囲に起こり始める。シャンゼリゼ、凱旋門、エッフェル塔、セーヌ川。カフェのテラスで「ル・モンド」を広げるパリジャン、クレープを片手にモンテーニュ通り歩くパリジェンヌ。だが、装った言葉の中に生活は存在しない......。

 およそ9年間のパリでの生活経験のある著者が書き下ろした、1995年のパリを舞台に緻密かつ巧妙に交錯しながら展開される、渾身の長編ミステリー。

ニューカレドニアで

逢いましょう。

ばっぷ | 紀行エッセイ

ISBN 978-4-9906865-3-6

​発行日:2014年 6月 1日

定価:1,300円(税別)

ニューカレドニア。カナックたちが暮らす島。

豊かな自然が残り、昔ながらの生活が営まれ、

平和な時間がゆっくりゆっくり流れるところ。

ヤモリが啼いて、青い蝶がはらはらと舞い、

頭の紅いインコが飛び交って、

ハイビスカスの花が落ちれば月が出て星が降る......

都会の生活に疲れたら、

この本片手に行ってらっしゃい。

*2006年に文芸社から出版された同名著作の「復刻版」です。スローライフ讃歌の好エッセイ!

​フリーダウンロードのウェブマガジン「地球放浪」

  • Facebook
  • Twitter
  • Instagram

新刊発行等のお知らせをご希望の方はご登録ください。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2020 Atelier Rhetorique.com