電子書籍の利用法。​

​副収入を得る。

​​自分で

​小説や自分史を書いて

ネット書店や自分のサイトで

​自分で売って副業に。

​販促に使う。

​電子カタログとして

編集・制作すれば

印刷物より安価で便利で

とってもエコ。

​信念を伝える。

​自分で起こした事業だから

その想いや信念を

世の中に知ってもらいたい。

理解してもらいたい。

「電子書籍=デジタルの本」だと思っていませんか?

 その理解はあながち間違いではありません。ですが、電子書籍は「本」にもなれば、カタログやメニューにもなります。例えばウェブサイトのトップページから「電子カタログ」へリンクを貼って閲覧者がそれをダウンロードすれば、その人のパソコンやスマホにあなたの会社のカタログが保存されることになります。印刷費がかからないので予算を抑えられ、紙を消費しないから「地球に優しいツール」です。

 個人で飲食店を経営している方なら、「電子メニュー」を作ってテーブルにタブレット端末を置いても良し。新しいメニューのPRに使っても良し。「やっぱり印刷じゃないと......」という方であれば、オンデマンド印刷にそのまま入稿できるデータとして制作しておけば、いつでも印刷物にすることが可能です。

 また、印刷物は一度、入稿してしまえば表現の間違いや誤字・脱字などがあった場合、印刷し直さなければならない事態さえ起こり得ます。だから編集や校正には細心の注意が必要なのです。けれど、電子書籍/電子カタログ/電子メニューであれば公開した後でも、いつでも簡単に修正できます。......だからと言って、編集や校正に手を抜くことをお勧めは致しませんが。

 まずは一度、ご相談してみてください。お見積りは勿論、無料です。

お問い合わせはコチラから ▶︎

オンライン相談も承っております。

遠方にお住まいの方も、お気軽にお問い合わせください。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2020 Atelier Rhetorique.com