Bottles

​ショップカード、メニュー、チラシ......その他いろいろ。

 個人事業主は大変だ。脱サラして、自分で始めて知った現実。

 居抜きで契約した喫茶店の改装費だってバカにならないというのに、作らなければならないものが山ほどある。看板、名刺、ショップカード、メニュー。オープン告知のチラシに、「コーヒーお替り無料キャンペーン中!」のノボリ。近頃はみんなスマホで情報収集しているから、ホームページも必要だ。と言って、商工会議所を通じた付き合いもあるから、地元密着型のフリーペーパーに掲載する広告も無視できない。

 洒落た飲み屋をやっている中学時代の同級生に相談してみたら、「いまどき商売するならSNSも必須だぜ」なんて言われた。なんでも「バナー広告」と言うんだそうだ。

 仕方がないので「地域密着型でやっています。ウチなら、全部まとめて引き受けますよ。総合広告代理店ですから」と、チャラチャラした格好でやって来た広告会社の営業に見積りを頼んだら、予算をはるかに超える金額を提示された。しかも、見積りの明細に「企画料」なんて項目があって、それだけで十万円だ。

 おいおい、商売することを「企画」したのはこっちだぜ。あんたの会社に「考えてくれ」なんて、頼んでないぜ。いくら俺が印刷物やホームページの作り方を知らないからって、足元、見てんじゃねーぞ。味もなければカタチもない「広告」なんてものに、そんな言い値を払えるかっつーの。

​ ・・・どこか、良心的な費用で引き受けてくれるところ、知らないか?

名刺、パンフレット、ポスター、カレンダー......etc

​印刷物・販促ツールの制作でお悩みの事業主さまへ。

2020年末までにご依頼のお客様に

ばっぷ著『ニューカレドニアで逢いましょう』を

プレゼント中

ご相談はコチラから ▶︎

メニューや商品カタログを「電子書籍」形式で作ってみませんか?

​メニューやカタログを「電子メニュー」や「電子カタログ」として制作、ホームページやブログなどから無料でダウンロードできるようにすれば、お客様のスマホやタブレット端末に残せます。

しかも、紙を使わないから印刷費用はゼロ。

低予算で、便利で、とってもエコな集客・販促ツールになります。

  • Black Facebook Icon
  • Black Twitter Icon
  • Black Instagram Icon

© 2020 Atelier Rhetorique.com